ノーマライゼーション・ファシリテーター

先日、整理収納教育士の専門コースである、ノーマライゼーション・ファシリテーター認定講座を受講してきました。

 

この講座の目的は、様々な理由で困難を抱える子ども達の気持ちに寄り添い、子ども一人一人に合った支援をしていくことで、子ども達が自信を持って生活ができるようにファシリテイト(促す)することです!

できることは自分でする!= 自立

その意識を育むことが、ノーマライゼーションの第一歩。

 

私たちノーマライゼーション・ファシリテーターは、目の前の子どもたちの困難に向き合い、理解し、その子に合った方法を見つけてサポートさせていただきます。


講座では、発達障害についても学びましたが、それは特性を知るための基礎知識。

 

私たちがすることは、その子が何に困っていて、どのようにすれば、その困難が軽減されるのかを一緒に考えます。

 

そして、私たちの専門分野である整理収納を軸にサポートできることを見つけ、自立を後押ししていきたいと思います。

 

講座の中で、たくさんのワークを体験したのですが、「困難」とはこういうことなのか、と、その一端を感じることができたことは本当に良かったです。

 

今後は、この経験を活かして、より一層、相手の気持ちに寄り添ったサポートをさせていただきたい、と思っています。


環境を整えることで、本人や周りの人のストレスを軽減できる場合があります。

ぜひお気軽にご相談くださいね。