「とるだけ育休」が話題!

「とるだけ育休」が話題になりましたね。

 

「育児休業を取得した夫が1日にどのくらいの時間育児や家事に費やしたか聞いたところ、8時間を超えると答えた人が20%だった一方、2時間以下が32%と3人に1人に上りました。」

 

ということらしい。

 

そりゃそうなるよね…。

というのが率直な感想です。笑。


それまでまったく家庭内での家事シェアがすすんでいない状況で、子どもができて、育休を取ったからといって、すぐに家事育児の即戦力になるかといえば、よほど高い意識と意欲がないとむずかしい。

 

「それでも取らないよりは…」

 

という意見もありますが、

 

「いやいや…、何もせず家にいられるなら、いっそいない方がやる事が増えなくていい…」

 

大変な家事育児を経験した女性には、こちらの方が共感をいただけるかも。笑。

また、

 

仮に意欲がある男性だったとしても、

 

家事育児に関するスキルがないと、これまたまったく即戦力にはならず、かえっていろいろ伝えないといけない事が多くてストレスになる、という事だってあるのです。

 

だって、それでなくても、すでに子どもと家事でいっぱいいっぱいですから。笑。

 


だからと言って、育休取得に反対しているわけではなく、むしろ取得が進んでほしいなぁと、心から思っています。

 

子どもが生まれると、生活が激変します。

それを一人で乗り越えるには負担が大きすぎます。

 

それに、せっかくの育休期間。

家族の絆を深める大切な時間にしてほしい。

 

そのためには、やはり事前準備が必須。

 

普段から家事をシェアし、家族のチーム力を高めておく!

 

ぜひ、そんな準備を整えていただきたいと思います。


時短家事について学ぶ事ができます!

時短家事コーディネーターBasic認定講座では、

 

「家事」「育児」「仕事」を効率よくこなし、忙しい日々の中でも、自分らしくいられる「ゆとり」を手に入れていただく、そんなメソッドがたくさん散りばめられています。

 

ぜひ今の自分に合った暮らしを見つけてくださいね♪