おうちじかんの過ごし方

新型コロナウィルスの影響で、子ども達の通う学校も休校となり、仕事は、対面のものはほとんどキャンセル、もしくはオンラインに切り替わり、不要不急の外出を自粛し、世にいう「巣ごもり生活」が始まって、1カ月以上になります。

 

学校がないので時間に制約がない…、という事は、油断するとダラダラと過ごしてしまい、何もしない日々が積みあがっていく、という事になってしまうので、そこは気をつけたいところ。

 

日々、規則正しく生活できるように、非常にシンプルですが、以下の3つの事を意識して過ごすようにしています。


その1 「朝、ちゃんと起きる」

学校が休みになったことで昼間の活動量が減り、夜なかなか眠くならず、さらに、朝早く起きる理由がないため、ついつい夜更かししてしまい朝が起きられないという悪循環になりがち。

 

ということで、朝は学校がある時と同じ起床時間プラス30分ぐらい(ちょっとだけおまけ。笑。)までには起きるように気をつけています。

 

たったこれだけの事なのですが、油断すると、ズルズルと起きる時間が遅くなってしまいますので、ここは意識して徹底したいところです。


その2 「3食、ちゃんと食べる」

朝ごはんの時間がずれたり、おやつを食べすぎたりすると、ごはんの時間にお腹がいっぱいで食べられない、ということになります。

 

わが家の場合は、3食きちんと決まった時間に食べているのですが、問題は、おやつ。

 

子ども達が在宅していると、ついついおやつの時間が増えてしまい、ごはんの時にお腹が空いていない…とういう事があります。

 

おやつの時間や量もきちんと考えて、3食きちんと食べられるように気をつけています。

 

とは言え、なぜか少しずつ重くなるカラダ。笑。


その3 「1日の行動を記録する」

これは、下の娘と約束をしたことなのですが、

 

同じような毎日を何となく過ごさないように、朝、その日のスケジュールを決めて記録、そして、一日が終わったら、ふりかえりを記録するようにしています。

 

親としては、たくさん時間があるのに、何もしていないような気がしてイライラしたりしますので、記録することで一日の行動を見える化するのはとても有効です。

 

さらに、ふりかえりを書くことで、親にツッコまれそうなことに自分で気づき、軌道修正し、次の日の課題として取り組んでくれることもあるので(くれない事もありますが。笑。)、こちらもこのまま続けていこうと思っています。


朝、ちゃんと起きて、3食、ちゃんと食べる!

わざわざ言うほどでもない当たり前の事なのですが、おうちじかんが長くなると、こんな当たり前のことさえも、なんとなくテキトーになってしまいます。

 

家族みんなが少しでも心地よく過ごせるように、縛りすぎず、緩すぎず、うまく回していきたいと思います!

 

がんばりましょうね~!