【時短家事コラム】AppleWatchでSuicaを使う!

 

2020年から使い始めたAppleWatchが可愛くてしかたがない。

 

見た目がどうこうという事だけではなく、秘書のような、相棒のような、とにかく、 なくてはならない存在になっているのです。

 

そんなAppleWatchは、時短生活にも一役買ってくれているので、

 

●何が便利なのか。

●どんな事ができるのか。

 

などをご紹介していきたいと思います。

 

仕事や子育てで多忙な方にこそ、便利な機能がたくさんありますので、ぜひ参考にしていただきたいと思います。


■AppleWatchでSuicaを使う!


AppleWatchは、時間がわかるだけではなく、Suica が使えるのがすごく便利です!

 

Suica は、言わずと知れたJR東日本のICカード乗車券です。

関西ではICOCAの方がお馴染みですが、今のところAppleWatchで使用できるのはSuicaのみ。(のはず)

 

でも、Suicaは全国で使えるので問題なし。

 

また、Suicaを持っていなくても、アプリから入手可能なので、こちらも問題なし。(ほんといろいろ便利)

「で、ここからが本題なのですが、

 

そのSuicaをAppleWatchで使えると何が便利なのか⁉

 

●改札を手首のAppleWatchをかざすだけで通れる。

(エクスプレスカードに設定している場合はまったく操作不要)

 

●コンビニなど、Suicaが使えるお店でも、同じくAppleWatchをかざすだけで支払える。

 

とにかく、カードを出す、とか、スマホを出す必要がまったくなく、ただ手首をかざすだけ。

 

改札の場合、袖をめくる必要もない。

本当に、そのまま改札に近づけるだけ。

 

始めて使った時は、正直ドキドキでした。

だって、何もせず、ただ手首をかざすだけで通れるなんて、ちょっと信じられなくて。

 

でもね、通れるんです!

 

さらにチャージする時も、ApplePayにクレジットカードを登録しておけば、AppleWatchで操作できるので5秒で済みます。

 

こちらも、簡単すぎてこわいぐらいです。


関西から東京へ出張に行った時も、全てAppleWatch任せでした。

 

ルートさえチェックしてしておけば、どの電車に乗ろうが、いくらかかろうが、気にすることなく、AppleWatchをかざすだけでどこでも行けるし、何でも買えます。(←Suicaが使えたら)

 

慣れない場所でキャリーケースを持っての移動だったので、本当に助かりました。

 

とにかくAppleWatchさえあれば、電車とかバスの移動が超ラクラクなのです。



ということで、

 

毎日通勤で電車を使う人、小さな子どもを連れての移動時、荷物が手一杯な時、知らない土地へ行った時、

 

など、AppleWatchでSuicaが使えると本当に便利です。

 

お仕事や子育てで忙しく、ちょっとした手間を省きたい!と思っている方にこそ、使ってみていただきたいと思います。