自分でできるようになった事は自分でしてほしい!

 

家庭においても「自立」と「協働」が大事だと思っています。

 

誰かに頼りすぎた生活は、頼れる人がいないと成り立たないから。

家庭内でそれをやってしまうと、

(多くの場合、頼られるのはお母さん)

 

お母さんの体調が悪かったり、

仕事が忙しかったり、

育児で大変だったり、

 

した時に、とたんに家の中が回らなくなってしまうから。

 

だから、

 

基本、自分でできる事は自分でやろうね!

そして、

相手をフォローできる人でいようね!

 

と思っています。

 

それは、夫でも、子どもでもです。

しかし、実際にはなかなかうまくはいかないのが現実…。笑。

 

だから、あの手この手を打つのです。


前置きが長くなりましたが、

 

今週末、子どもに生活の知恵を身につけてもらうための講座を担当します。

 

私は、子どもが園や学校から持ち帰る「おたより」の整理方法についてお伝えします。

子どもたちに直接お話するので、喜んでもらえる仕掛けが必要です。笑。

 

ということで、マステやシールを使ってちょっと工作をしています。

 

明日、見本をお持ちして、OKだったら子どもたちにも体験してもらいます。

 

園や学校のお手紙の管理は、ルールを決めて守る!

 

これができるかどうかです。

 

ルールが崩れてくると、

 

面倒で後回しにする

さらに溜まる

もっと面倒になる

見ない事にする

 

という恐ろしい負のスパイラルです。笑。

 

ルールが習慣化されると、結果、ラクになることはたくさんあります。

 

お手紙もまさにそれなんですよね!

子どもたちにも伝わるといいなぁ♪


「自立」と「協働」でQOL向上を目指します!

時短家事コーディネーターBasic認定講座についての詳細は下記よりご確認くださいね!