学びの時間を確保するための学び

 

今回は、

 

学びの時間を確保するための学び

 

というお話です。

 

 

「生活時間の盲点が見つかり、解決法もわかりました。」

 

これは、先日、時短家事コーディネーターBasic認定講座を

受講してくださった方の感想です。


その方は、とある勉強をしているのですが、介護や家事に手を取られ、学びの時間の確保がなかなか難しいというお悩みがあり、一度、時短家事という視点で暮らしを見直したいということで受講してくださいました。

 

講座を通して、

 

1日の時間の使い方や、家事の内容ややり方、そして、思考の整理をすることで、自分だけでは気付けなかったポイントに気づくことができ、学びの時間を確保することができそう、という結論に辿り着きました。

 

で、あの感想につながったのです。

 

講座の始めには、

 

自分でいろいろやってみたけどなかなかうまくいかない…

 

と、少しうつむき気味に話されていたのですが、

 

講座の最後には、

 

明日からの暮らしのイメージができたことで、キラッとした顔をされていました。

何だか私までワクワクしてきて、「大人になってからの学びってなんかいいですよね~♪」という話で盛り上がりました。笑。

忙しい!と思っている日々の中でも、実は、考え方ややり方を変えることで思わぬ時間を確保する事ができたりします。

 

そして、

 

そのちょっとした時間を自分のために使う事ができたら…

ココロもカラダもほぐれていくのを感じる事ができると思います。

 

時短家事コーディネーターBasic認定講座では、

 

時短家事という視点から暮らしを見直し、「自分で暮らしをコーディネートする」という考え方を学んでいただけます。

 

誰かに振り回されたり、時間に振り回される生活から抜け出しませんか?


時短家事コーディネーターBasic認定講座の開催日程はこちらからご覧いただけます。