子どもの作品の残し方

 

またこのシーズンがやってきました!

 

子ども達が卒園・卒業し、新たなステージに向けて準備を始められている頃ではないでしょうか。

 

この時期、とくにご質問をいただくのが、

 

「子どもの作品をどのように保管したらいいですか?」

 

子どもの成長が感じられる作品たち…。

 

なかなか簡単には捨てられない。

かと言って、すべて保管もむずかしい…。

 

悩ましいですよね。


作品を残す目的を考える

そんな時は、

 

「作品を残す目的」について考えてみませんか?

 

なぜ作品を残したいのか?

 

そんな気持ちを丁寧に紐解いていくと、どのような方法で残すのがベストなのか、答えが見えてくるのではないでしょうか。

 

ちなみに、私が娘たちの作品を残す目的は、大きく2つ。

 

「いずれできるかもしれない孫たちに見せるため」

「私自身の子育ての記録として」

 

だから、

 

・劣化を気にせず、いつでも気軽に見せられるカタチで

・成長過程が分かりやすいように時系列で

・入園卒園、入学卒業した年も分かるように

 

それらの条件に合ったカタチで残しています。 


もちろん、自分が作った作品なので子ども自身に決めてもらう!というのも一つの方法だと思います。

 

ただ、子どもの作品を見たいのは、子ども自身より、むしろ親の方だったりしませんか。

 

この絵はすごく上手に描けて図工展で掲示してもらったなぁ♪

みんなで一緒に見に行ったなぁ♪

ひろった貝殻で作った時計は、1年生の夏休みの宿題やったなぁ♪

 

など、作品とともに思い出すのは、子育ての記憶。

きっと親にとっても大切な思い出ではないですか。

 

ぜひ後悔のない方法で残してあげてくださいね♪


おうちじかんでは、皆様のお子様の作品を残すお手伝いをしています!

 

残したい作品を選んで送っていただければ、1点ずつ丁寧に撮影し、作品集に仕上げてお送りいたします。

 

・たくさんの作品を残すスペースがない

・自分で撮影したり、写真を整理する作業が面倒

・忙しくて時間がない

 

それでも作品は捨てられない!

何とかいいカタチで残したい!

 

そんな思いでグルグル悩んでいる方は、ぜひプロのサービスを利用してください♪

 

費用はかかりますが、最低限の手間でそのお悩みを解消します!


子どもの作品整理・製本サービス「Totteoki」

子どもの作品整理・製本サービス「Totteoki」は、おうちじかんと印刷会社が提携して提供しているサービスです。

 

お客様からお預かりした作品を、1点ずつ撮影し、作品集2冊に仕上げてお届けします。

 

 

2冊お作りしますので、1冊は巣立つ子どもに、もう1冊は親の手元に残すことができます。

 

子どもの作品の整理に困ったら、ぜひ、「Totteoki(とっておき)」をご利用くださいね♪

 

サービスの詳細は、こちらからご覧ください!